RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジンアイの材料のお話(その1)

※この記事はある程度レジンを扱ったことがある方向けの記事です。
 これからアイを作成してみたいという方、もしくは作ってみたけどうまくいかない!
 という方の参考になりましたら幸いです。
 長い記事でドール画像は全くありません。興味のない方はご注意を
 以前の記事でも少し触れましたが
レジンアイでもっとも難しい部分が最初に仕込む透明部分です。
この部分が気泡だらけになってしまい台無し…という失敗は
作ったことがある方は大体やったことがあるかと。

レジンアイの材料の「レジン」と言っても種類があり
紫外線に反応して硬化する1液性レジン(いわゆるUVレジン)
2種類の液体を特定の比率で混ぜることで硬化する2液性レジンがあります
今回は2液性レジンについてざっくり紹介して行きます
(UVレジンは扱ったことがないので)


ディーラーさんがアイの材料にするレジンは以下の2種類が主流のようです
・クリスタルレジン2
・デブコンET

また、最近新しく「エポキシ樹脂E384」というレジンも発売されたようです。
こちらについても実際使ってみたので紹介していきます
入手方法や中身については詳しく知りたい方は各自ググって下さい。
というわけで以下各レジンについての解説…
(あくまで個人が扱った上での感想です。必ずしも正しいというわけではない点はご理解をお願いします)


クリスタルレジン2
長所
・入手性がよく少量から購入可能(105g、350g、1,4kgセットがある)
 1,4kgは8000円程度で入手可能で非常にコストパフォーマンスが高い
・製作物は透明に近く経年劣化による黄変を強い
・特別臭いなどはない
短所
・混合後の取り扱いがかなり面倒。
 温めた後冷やしてしまうと表面に膜が出来てしまい気泡の原因になる
 温度管理を徹底しても細かい気泡を完全に取り除くことが難しく
 脱泡機などの特別な機材が無いと気泡が残りやすい
 (脱泡機がないと成功率が高くならないだけで温度管理を気をつけつつ製作数でカバーも可能ではある)
総評
まとめると初心者向け?とは言いがたいですが
とりあえずお試しで少量作ってみたりも可能である程度細かい気泡は気にしないという方は問題ないかも?
(実際に着用して使う分には結構気になりません)
また既に脱泡機持ちの方は高いコストパフォーマンスが活かせます。その脱泡機が高価ですが…


デブコンET
長所
・混合後の取り扱いが楽
 クリスタルレジンに比べ膜なども出来ず暖めるだけで気泡を簡単に抜くことが可能
 一度気泡を抜いたら特別な処理など必要なく気泡が少ない状態で比較的綺麗に仕上がる
短所
・入手性が若干悪い。(通販などで購入可能ではある)
・クリスタルレジンに比べコストパフォーマンスがよくない
 (300g3500円程度。1.5kgセットもありますがオススメしません。理由は後述)
・クリスタルレジン2に比べ黄変しやすい
・独特の臭気がある
 特に硬化剤の臭いがきついです。ダメな人は本当にダメなようです
・硬化剤の揮発性が高く非常に劣化しやすい
 IMG_7268.jpg
 左のボトルが変質して黄色が濃くなってます
 デブコンは混合すると色が消えるのですがこうなると黄色が消えにくくなってしまい若干黄色っぽく仕上がります…
総評
混合後の扱いは簡単で(においはありますが)、気泡も抜きやすいですがその2点以外は微妙な点が多いです
混合前の硬化剤の取り扱いに難があるためまとめ買いしにくいのもネック
1ヶ月程度で使い切るのが理想ですがアイの製作だけで300g使い切るには中々難しいかも…
(なので以前の記事ではクリスタルレジンをオススメしました)


エポキシ樹脂E384
長所
・混合後の取り扱いが楽
 扱った印象としてはデブコンと同程度?かと思いましたが
 こちらは暖めなくても比較的流動性が高く気泡が抜けやすいです
 実際に十数個試作しましたがほとんど気泡は確認できませんでした
・製作物は透明に近い。また黄変にも強い
・特別臭いなどはない
短所
・入手性がかなり悪い(現在購入可能なのは一部百貨店と通販のみ)
・値段が少し高い(280g3800円程度)
総評
入手性が悪いといっても通販が可能です
混合後の取り扱いが簡単で気泡出来ない、臭いがない、黄変に強いと
癖だらけの上二つの従来品に比べ弱点らしい弱点もなく非常に胡散臭いレベルで優秀です
デブコン特有のにおいがダメでクリスタルレジンは気泡が…という方には文句なくオススメ。



ここまでレジン3種の紹介を致しましたが
レジンの紹介で書いた黄変に強い、弱いとはどの程度なのか気になったので少し実験してみました。
次回はその実験内容と結果について書く予定です
スポンサーサイト

プロフィール

shin

Author:shin
2012年4月DDを初めてお迎え。
2013年9月末よりレジンアイの製作を開始。
2014年1月〜「とる亭(仮)」というディーラーとしてちまちま活動中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。